JLPT N1 漢字「傷」上級日本語

今日紹介するのはJLPT N1レベルの漢字「傷」です。


音読みは「ショウ」、

訓読みは「きず、いた-む、いた-める」です。


意味は次の3つです。


① きず。けが。

② きずつく。きずつける。損なう

③ いたむ。悲しむ。心をいためる。


なんとなく全体的に痛くて悲しい感じがする感じですね。


それでは、例文を見ながら使い方を見ていきましょう。


1) この薬は外傷(がいしょう)にお使いください。

2) 事故に遭(あ)ったけれど、軽傷(けいしょう)だけですんでよかった。

3) 格闘技をしていると生傷(なまきず)が絶(た)えない。

4) 試合で負傷(ふしょう)した選手が今シーズン復帰(ふっき)する。

5) 失恋して傷心中(しょうしんちゅう)の彼を励(はげ)ました。


先ほど、外傷、軽傷と傷の特徴を表す言葉がありましたが、

火や熱でけがをするということを「火傷」このように書きます。

読み方は「かしょう」と「やけど」とどちらでも読みます。

ただし日常会話では「やけど」と言うことが多いです。

やけどは特別な読み方なので、是非覚えておいてくださいね。


それでは、クイズです。

漢字を読んでください。

答えはこのページの一番下にありますよ。

後で確認して見てくださいね。

(動画でも確認できます)


1) この度はご愁傷様でした。

2) インターネットで誹謗中傷を受けて困っている。

3) この地震による負傷者はいませんでした。

4) この薬には殺傷能力がある。

5) 言葉の暴力で傷付いた。


1番の「ご愁傷様」という言葉は、お葬式などで亡くなった方のご家族に、

「悲しい気持ちがよくわかります。とても残念に思います」と言う気持ちを伝えるときのフレーズです。

「この度はご愁傷様です」または「ご愁傷さまでございます」と伝えます。


さて、今日の漢字はちょっと痛くて悲しいものでしたね。

イメージはつかめましたか。

音読みも訓読みも特別な読み方も覚えておいてくださいね。

それではオンラインレッスンでお会いしましょう。





<クイズの答え>

1) この度(たび)はご愁傷様(ごしゅうしょうさま)でした。

2) インターネットで誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)を受(う)けて困(こま)っている。

3) この地震(じしん)による負傷者(ふしょうしゃ)はいませんでした。

4) この薬(くすり)には殺傷能力(さっしょうのうりょく)がある。

5) 言葉の暴力(ぼうりょく)で傷付(きずつ)いた














19 views