節分(せつぶん)

みなさんは「鬼(おに)」を見たことがありますか。

日本では毎年2月の上旬になるとスーパーやコンビニなどで、

鬼の顔を見ることが多くなります。




今日は節分(せつぶん)の歴史と、

節分の日にどんなことをするのかを簡単に紹介しますね。

まず、「節分」とは「季節が分かれる日」です。

2月3日の節分は「冬から春に変わる日」、「立春(りっしゅん)」とされています。


季節の変わり目には、「邪気(じゃき)」が生じると考えられていました。

この「邪気」が「鬼(おに)」のことです。


この邪気を追い払うために、鬼に向かって豆を投げるという習慣があります。

その時に「鬼は外、福は内(おにはそと、ふくはうち)」というのが一般的です。



その他にも地方によって、様々な習慣があります。

関西で始まった巻きずしをその年の「恵方(えほう)(=いい方角)に向かって食べるというのもその一つです。



節分に関する様々な風習に関しては、面白いものがありますので、

是非こちらのページを読んでみてください。


鬼は内?鬼は外?豆まき珍風習や、恵方巻以外もある各地の節分行事食


それではみなさんもいい春をお迎えくださいね!