「かりかり」(onomatopoeia)

みなさん、こんにちは。

絵里子塾の絵里子です。

Hi everyone!
I’m Eriko of Eriko Juku.


みなさんはペットを飼(か)っていますか。
先日(せんじつ)、実家(じっか)に帰ったときに両親(りょうしん)が飼っている犬「ナナ」と生活したのですが、犬がいる生活って本当ににぎやかですね。

ナナがかりかりとおやつを食べている様子を見ていると、本当にかわいいな、と思います。

 

 

Do any of you have a pet?

Recently, when I went back to Japan I stayed my parents' house. My parents have a dog named "Nana". It is a really busy life having a dog.

I think it’s really cute to watch Nana crunching (kari-kari) snacks.
 

今日は、「かりかり」という擬音語(ぎおんご)、擬態語(ぎたいご)についてお話ししましょう。

擬音語、擬態語はJLPT N3からたくさん出るようになるので、

テスト対策(たいさく)にも役立(やくだ)ちますよ。

 

Today, let's talk about the onomatopoeia  "crunch or crisp" and mimetic (imitative) words.

Many onomatopoeia and mimetic words appear on JLPT N3 and higher difficulty levels, so it’s also helpful for test preparation.
 

「キャンディをかりかりと噛(か)む」様子は想像(そうぞう)できますか。

口の中のキャンディの音も聞こえてきましたか。

 

Can you imagine "chewing on crunchy candy" ?

Could you imagine the sounds of candy in the mouth?

 

1つ目の「かりかり」は、かたいものをかみ砕(くだ)いたり、ひっかいたりするときの軽(かる)い音をあらわしています。「ナナがかりかりとおやつを食べている」もこれです。

この「かりかり」という音からおやつが固(かた)いものだと想像できます。

他にも次のような使い方があります。

「フライパンの汚(よご)れをかりかりと落(お)とす」

「リスがどんぐりをかりかりと食べている」

 

The first meaning of kari-kari is  "crunch" which indicates chewing something hard or a light sound when scraping something.

“Nana crunches(kari-kari)snacks” is also this sound.

You can imagine that the snack is hard from this sound "crunch(kari-kari)".

There are other uses, such as the following.

"I scrape off crud from a frying pan."

"A squirrel is eating crunchy acorns"

 

2つ目の「かりかり」は、乾(かわ)いているものを食べる時の感触(かんしょく)がいい様子(ようす)をあらわします。

例えば次のようなものです。

「フライパンでかりかりに焼(や)いたベーコンはおいしい」

「かりかりのドリアンチップスは匂(にお)いもないからお土産(みやげ)にいい」


The second meaning of kari-kari is  "crisp"  which is the pleasant sensation when eating dried food.

For example, something like the following.
"Bacon fried to a crisp in a frying pan is delicious ."

"Crispy durian chips are good for a souvenir because there is no smell."

 

3つ目は、興奮(こうふん)したり、怒(おこ)りっぽくなっている様子に使います。

「いらいら」とよく似ています。

(「いらいら」はよくJLPTにでてくる言葉ですよ)次のように使います。

「時間通りに予定が進(すす)まなくてかりかりする」

「何度(なんど)練習してもうまくできなくてかりかりする」

 

The third meaning of "kari-kari" is excited or in a situation in which you are angry.

Very similar to "iraira (frustrating)".

("iraira (frustrating)" is a word that often appears on the JLPT.)
Use it as follows:

"I get frustrated when the plan doesn’t get underway on time."

"I get frustrated no matter how many times I practice I can’t do it well."

 

どうですか。

それではクイズに挑戦(ちょうせん)してください。 

それぞれの「かりかり」は①②③のどの意味だと思いますか。

 

Did you catch all of that?

Well then, have a go at this quiz.

Which meaning of kari-kari①②③is each one respectively?

 

 

A. 家(うち/いえ)でかりかりのポテトチップスをつくるのはむずかしい。

B. かりかりしていたら、いいアイデアがうかばない。

C. かりかりのトーストが好(す)きだ。

D. ハムスターがかりかりとひまわりの種(たね)を食べている。

 

 

どうですか。すぐに音や様子が想像できましたか。

答えは、A. (②)B.(③)C.(②)D.(①)です。

擬音語、擬態語はかわいい音やおもしろい音が多いので、練習するときに楽しいですよ。

是非、色々覚(おぼ)えて使ってみてください。


How is it? Could you imagine the sounds and situations right away?

The answers are A. (②)B.(③)C.(②)D.(①)

It’s fun when you practice because onomatopoeia and mimetic (imitative) words have many cute and interesting sounds.

By all means, please try to remember all sorts of them.

オンラインレッスンで新しい言葉を増(ふ)やしていきましょう!

レッスンの予約はこちらから。 

 

 

ブログランキングに参加しています。ブログを楽しんでもらえたらクリックしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Let’s increase our vocabulary with online lessons!

Click here for lesson reservations.

 

それでは、また。

See you next time.

 

Please reload

 Latest article

December 22, 2018

October 31, 2018

Please reload

アーカイブ