「ね/ne」と「よ/yo」どっちをつかう?


みなさん、お元気ですか?

絵里子塾のえりこです。

Hi everyone! How are you?

I’m Eriko of Eriko Juku.

最近、日本に住んでいる友達から春の花が咲いている写真がよく送られてきます。

すこしづつ春が近づいているんですね。

Recently my friends living in Japan have been sending me pictures of blooming spring flowers.

Spring is just around the corner, desu ne.

さて、この「ですね」の「ね」、これはどんなときに使うと思いますか。

今日はみなさんと終助詞の「ね」と「よ」についてお話したいと思います。

Well, the “ne” of “desune”, in what situations do you think to use it?

Today I would like to talk about the final particles "ne" and “yo”.

簡単にいうと、「ね」は話し手と聞き手がすでに共有していることについて話すときに使い、「よ」は相手に新しい情報(相手が知らないと思うこと)を伝えるときに使います。

Briefly, the "ne" is used when the speaker and the listener are talking about something they already have in common. "yo" is used to alert the listener to new information that the speaker believes that the other party does not know.

今日は、せっかくですからもっと詳しくイントネーションによっても変わってくるニュアンスについてお話したいと思います。

Today, I would like to take the time to talk in more detail about the varied nuances depending on the intonation.