「ええっと、あのう…」フィラーを使ってネイティブ風に “um, ah” use fillers natively

April 28, 2016

日本人はよく話を聞いているときに、うなずいたり、「うん、うん」、「はい」、「ふうん」といってあいづちをうちますよね。「あなたの話をきいていますよ」という態度(たいど)を表すとても大事(だいじ)なものです。私が日本人と話をしていて、相手(あいて)が全然(ぜんぜん)動(うご)かなくて、何も話さなかったら、私は心配(しんぱい)になって「ねえ、私の話を聞いてる?意味(いみ)がわかる?」と聞いてしまうでしょう。

日本語を話すときは、話しているときだけじゃなく、聞く態度や、聞いているときの反応(はんのう)がとても大事だといえるでしょう。
 

When Japanese people are listening to someone who is talking they nod and give back-channel feedback like “yeah, yeah”, “yes”and “hmmmmm”.

It’s very important to express the attitude “I’m listening to what you are saying.”
If I talk with a Japanese person and he doesn’t react to anything I say I become worried and ask  "Hey, are you listening to me? Do you understand?"

I would say not only speaking also listening attitude and reaction while listening is very important when speaking Japanese.

 

特(とく)に、電話で話しているときなど、相手の顔が見えないときは、相手を不快(ふかい)にさせないためにタイミングよくあいづちを打(う)つことはとても大切(たいせつ)になってくるでしょう。

 

さて、このあいづちの種類(しゅるいは、カジュアルな話し方の時には「そっか」や「まじ!?」なども使われます。今度、日本のドラマや映画を見るときには、あいづちの種類やタイミングに注目(ちゅうもく)してみてください。
 

 

Especially when speaking on the phone you can’t see the other person’s face. In order not to offend them the timing of giving back-channel feedback well becomes very important.

Well, during casual speech this kind of back-channel feedback such as "I see (Sokka)" and "Seriously!? (Maji!?)" can also be used. Now, when you see the Japanese drama and movies, please try to focus on the type and timing of the back-channel feedback.

 

 

 

さて、今日はさらに日本語ネイティブのように聞こえる話し方の技(わざ)をお教えしましょう。それは、フィラー/fillerです。これは話したいことがすぐに出てこないときに使ったり、話と話の間をつなぐためのものです。

英語のフィラーには、”well…”や”let’s see…”などがありますね。

このフィラーを使うと、コミュニケーションを自然(しぜん)でスムーズに進(すす)めることができます。

 

もし、フィラーがないと、会話の流(なが)れが不自然(ふしぜん)だったり、相手に失礼(しつれい)になることがあるかもしれません。そんなフィラーがないために居心地(いごこち)が悪くなってしまう会話を読んでみてください。

 

 

Well, let's further teach you the tricks of speech that sounds like a Japanese native speaker.

It is フィラー (filler). This is used when what you want to talk but nothing comes out right away. It is intended for connecting between one topic and another topic in conversation.

In English there are fillers “well…” and “let’see…”, right?

We can use these fillers to make the communication smoother and more natural.


If there weren’t any fillers the flow of conversation might be unnatural and sound rude to the other person.

Please read the conversation below and see how uncomfortable the conversation is without fillers.

 

 

 

 

【フィラーを使わない会話】

<例1 同僚と>

A:先週一緒にいったレストランの名前を覚えてますか。

B:…。

A:あの、レストランの名前、覚えてますか。

B:いま、考えています。ちょっと待ってください。

 

<例2 ビジネス交流パーティで>

A:はじめまして。田中です。お名前をうかがってもよろしいでしょうか。

B: 山田です。

A:鈴木さんのお友達の方ですか。

B:はい。鈴木さんの事をご存知なんですか。

A:はい。最近、ゴルフ場で知りあったんですよ。

 

【Conversation without fillers】

<example 1: with coworker>

A:Do you remember the name of the restaurant that we went together last week?

B: …

A:Uh, do you remember the restaurant’s name?

B:Just a second, I’m thinking now.

 

<example 2: Business networking event>

A:Nice to meet you. I’m Tanaka. May I have your name, please?

B:I’m Yamada.

A:Are you a friend of Suzuki?

B:Yes. Do you know Suzuki?

A:Yes. Recently I met him on the golf course.

 

 

もし、フィラーを使ってみるとどうなるでしょう。
How would it be if one tries to use fillers?

 

 

 

【フィラーをつかった会話】

<例1 友達同士で>

A:先週一緒にいったレストランの名前を覚えてますか。
B:ええっと…、(なんだったかなあ)。
A:イタリア語の名前だった気がしませんか。
B:うーん。(そうだったかなあ)。

 

<例2 ビジネス交流パーティーで>

A:あのう、はじめまして。田中と申(もう)します。お名前をうかがってもよろしいでしょうか。

B:、山田です。
A:えーっと、鈴木さんのお友達の方ですか。

B:えっ?鈴木さんのことをご存知(ぞんじ)なんですか。

A:ええそう、そう。実は最近ゴルフ場で知り合ったんです。

 

 

【Conversation with fillers】

<example 1 with a coworker>

A:Do you remember the name of the restaurant that we went together last week?

B:Well ..., (I wonder what it was).

A:Don’t you feel it had an Italian name?

B:Hmm. (I wonder if that was so).

 

<example 2 Business networking event>

A:Um, nice to meet you. I’m Tanaka. May I have your name, please?

B:Uh, I’m Yamada.

A:Well, are you a friend of Suzuki?

B:Oh? Do you know Suzuki?

A:Yeah. Uh-huh. In fact we met on the golf course recently.

 

どうですか。フィラーがあるとちゃんとお互(たが)いがコミュニケーションしようとしているという感じがでますよね。

このフィラーには、「あ」「あのう」「そう」「その」「いや」「ほら」「まあ」など色々なものがありますし、声(こえ)のトーンや話す速(はや)さによってもニュアンスが変(か)わってきます。

 

How was that? With fillers the communication can feel properly mutual.

Depending on the tone of voice and talking speed the nuances change with these various fillers “uh”, “hmmm”, “yeah”, “the”, “um”, “hey”, “erm” and so on.

 

初級(しょきゅう)のレッスンではフィラーをあまりたくさん練習(れんしゅう)しませんが、私がレッスンの時に自然(しぜん)にフィラーを使っていることがたくさんあります。

たとえば、いいアイデアを探(さが)しているときや、何かが思い出せないとき、「ええっとね」や「あのう」と言っていたりします。

 

In the Beginner lessons I do not practice so many fillers, but I use a lot of fillers naturally during the lessons. For instance, when I’m trying to think of a good idea and nothing comes to mind I’ll say “let me see”and “hmmm”.

 

みなさんも、是非(ぜひ)フィラーをマスターして、日本人とスムーズなコミュニケーションを目指(めざ)してみませんか。オンラインレッスンはこちらから。

月に一回の無料イベント「ERIKO CAFE」のスケジュールもチェックして、是非参加してみてくださいね。

 

By all means why not aim for smooth communication with Japanese people by mastering fillers, too. For online lessons click here.

Please check “ERIKO CAFE” schedule for the free monthly event and by all means join.

 

 

ランキングサイトに参加(さんか)しています。記事(きじ)が面白(おもしろ)かったら下のバナーをクリックしてくださいね。それでは、また!


We participate in website ranking. If you found this article interesting please click on the banner below. See you again!
 

 

 

 

English translation

Rhys Vogel

 

 

Please reload

 Latest article

December 22, 2018

October 31, 2018

Please reload

アーカイブ