もったいない MOTTAINAI


お元気ですか。絵里子です。

私はレッスンで英語を使う時があるのですが、

その時に一言で英訳できない日本語の単語がいくつかあります。

今日はその中の一つ、「もったいない」について紹介したいと思います。

How are you? I’m Eriko.

I have used English in lessons but there are many Japanese words that can’t be translated to a single phrase in English.

One of them that I would like to introduce today is "mottainai".

まず、辞書を見てみると、次のように説明しています。

First, when you look at the dictionary, it is described in the following manner.

<プログレッシブ英和中辞典 第3版>

1 〔惜しい〕wasteful 2 〔過分である〕 3 〔恐れ多い〕

<研究社 新和英中辞典> 1.〈無駄な〉 wasteful 〈過分な〉《be》 too good 《for》

2.(神などを)敬わない〉profane; irreverent;

<三省堂 大辞林>

1. (有用な人間や物事が)粗末に扱われて惜しい。有効に生かされず残念だ。 regrettably treat like dirt. unfortunately not effectively utilized.

2.(神聖なものが)おかされて恐れ多い。忌むべきだ。

be stricken with dread. dreadful.

3.(目上の人の好意が)分に過ぎて恐縮だ。かたじけない。

too grateful. much appreciated.

今日は、よく会話で使われる1番目の使い方を例文で理解して、会話で使えるようにしましょう。

Today let’s figure out the first usage that is often used in conversation with example sentences and then be able to use it in conversation.

今日は山や海にいってのんびりしたいけど、仕事があってどこにもいけない。こんなにいい天気なのにもったいないなあ

Today I want to take it easy in the mountains or sea but I can’t go anywhere because I have work to do. It’s a waste to have such good weather.

A:「あれ?そのカメラ捨てちゃうの?」

B:「うん。あまり使ってないからきれいなんだけど、モデルが古くて修理できないんだ」

A:「そっか。もったいないね。」

A:Oh no! Are you throwing away that camera?

B:Yup. It looks new because I’ve hardly used it but it’s an old model that can’t be repaired.