教科書に載ってない若者言葉(2016年現在) Expressions used by young people that don’t appear in the textbooks (as of 2016 )

June 4, 2016

みなさんが日本を旅行していたり、日本のドラマを見ていて「あれ?どういう意味?」と思う言葉があったらどうしますか。

教科書でも見たことがなくて、辞書にもない言葉だったらどうしますか。

最近は、インターネットでほとんどのことが簡単に調べることができますから便利ですよね。
私も、初めて聞く言葉があったらすぐにググります

 

Well, everyone, what do you do when you travel to Japan or watch Japanese dramas and  there is a word  and you think “Huh? What does that mean?”

What do you do when you have never seen the word in a textbook and it’s not in the dictionary?

 

Lately, most things are conveniently on the Internet and can be easily looked up.

Me, too. When I hear a word for the first time I “guguri-masu”.

 

え?「ググる」の意味が分かりませんか。じゃ、今すぐにググってください。

実は、「ググる」は「Googleで検索する」の意味なんです。

 

Hmm? Don’t you understand the meaning of “guguru”? Well, gugutte-kudasai, right now!

 

 

 

 

 

ということで、今日は教科書には書いていない若者言葉についてお話ししたいと思います。

ただ、若者言葉とは言っていますが、若い人だけが使っているわけではない時もあります。若い人が使い始めたけれど、だんだん広い世代に渡って使われていく言葉はたくさんあります。

 

Therefore, I would like to talk about today’s words used by young people that aren’t in a textbook.

Typically I say young people’s expressions but there are times when they are not only being used by young people. Young people use them first but there are many terms that gradually spread to different age groups.

 

例えば、「超おいしい!(超+形容詞)」の「超」は最初若者だけが使っていたんです。でも、最近では俗語(ぞくご)として掲載している辞書もあるように、一般的に使われる言葉になりました。

 

For example, young people first used “cho” in  “cho oishii! (cho + adjective)” but recently this slang it has become commonly used and appears in dictionaries.

 

ですので、今日紹介するいくつかの若者言葉もたくさんの人に長く使われる一般的な言葉になる可能性もあります。ですが、これらの言葉はあくまでも「俗語(ぞくご)」ですから、フォーマルな場面では使わないことをお勧めします

 

The expressions that young people use that I will introduce today have the possibility to fall into common usage because these phrases have been used by many people for a long time. Nevertheless, I suggest that you don’t use these expressions in formal situations because they are absolutely “zokugo (slang)”.

 

 

 

 

それでは、みなさんこれらの言葉はどういう意味か考えてみてください。
Well then, everyone, please think about what these expressions mean.

 

<かわたん>

これは、「かわいい」という意味なんですが、「たん」という響きにはかわいくて柔
(やわ)らかいニュアンス
があるので、形容詞と組み合わせて作った言葉です。

その他の形容詞と組み合わせて使うこともあります。

例)つらい → つらたん   こわい → こわたん

 

<KAWATAN>

This means “kawaii (cute)” but the sound of “tan” allows for a softer and cuter nuance. Combine with adjective to make the word. You can use it by combining with other adjectives, too.

example)

tsurai (hard, painstaking) → tsuratan

kowai (scary) → kowatan

 

<りょ>

了解(りょうかい)を省略した言葉です。メッセージなどでタイプするときに楽でいいですよね。

 

<RYO>

This word is short for “ryokai” (understood, roger that). It’s good and easy when typing messages and so on.

 

<しょんどい>

これは、「正直(しょうじき)」と「しんどい」を組み合わせて短くしたものです。

大丈夫そうに見えるかもしれないけれど、実は辛い、あるいは疲(つか)れているというときに使います。
 

<SYONDOI>

This one is a shortened combination of “syoujiki” (honest, frank) and “shindoi” (tired). It is used when the person may look fine but in fact she is having a tough time or possibly tired.

 

<おしゃかわ>

これも二つの言葉を組み合わせて省略したものです。

「おしゃれ」で「かわいい」という意味です。これはわかりやすいですよね。

 

<OSYAKAWA>

This is also an abbreviated combination of 2 words. It means “osyare” (fashionable, chic) and “kawaii” (cute). This is easy to understand, isn’t it?

 

<ウィキる>

これも「ググる」と同じように「Wikipediaで調べる」という意味です。

有名なウェブサイトなどは、よく若者言葉として使われることがあります。

たとえば、次の言葉もそうです。

 

<WIKIRU>

This is the same as “guguru” (to Google). It means “ to look up on Wikipedia”. Well-known websites are often used as slang. For example, the next word, too.

 

<ようつべ>

どうですか。ローマ字を勉強した人なら、なんとなく想像(そうぞう)できますよね。

そうです。YOUTUBEのことです。YOUTUBEをローマ字でタイプしたときの読み方から作られました。

 

<YOUTSUBE>

How about this one? If you’re a person who has studied the Roman alphabet then you can guess the meaning somehow. It’s about Youtube. This reading ようつべ is made when you type YOUTUBE in Roman letters.

 

<ディスる>

これは英単語を使った若者言葉です。「disrespect」を動詞化させたものです。

批判する、悪口を言う」という意味で使われていて、日本のヒップホップ系のラッパーが使い始めたそうです。

 

<DISURU>

This is an English word that young people use. It was shortened from the verb “disrespect”. It is used to mean “criticize or insult”. Apparently it was first used by Japanese hip hop music artists.

 

 

さて、若者言葉といっても主にネットのみで使われるものや、女子高生の間だけで使われるものなどもあります。使う相手と場面を考えて使いたいものですね。

 

Although one might say these slang expressions are mainly only used on the Internet, there are also some that are only used among female high school students. Please think about the person with whom you use the phrase and the situation that you are in.

 

あまり使う機会がなくても若者言葉を知っていれば、日本語のネット記事やドラマなどを楽しむことができると思いますので、もし「あれ?辞書にもないから、若者言葉かな?」と思ったら次の辞書で検索してみてください。

実は私も時々使ってます。

 

If you don’t have much chance to use slang expressions, I think you can enjoy Japanese articles on the Internet and dramas. If you think “Hey? it’s not in the dictionary. Is it slang?” please look it up in the following dictionary.
In fact, I also use it sometimes.

 

日本語俗語辞書 (Dictionary of Japanese slang)

 

者言葉辞典 (slang dictionary)

 

今は使われていない「侍言葉」とか、舞妓(まいこ)や花街(かがい)の人たちが使う「舞妓言葉」などは自分が使うことがなくても、映画やドラマで聞くことがありますよね。もし、わからない言葉があれば、ぜひ次のページを参考にしてみてください。

 

“Samurai language” that isn’t being used now and “Fleshpot language” that maiko (apprentice geisha), geisha, and people who work in entertainment districts is heard in movies and dramas even if you don’t use it yourself. If there is a word that you don’t understand, by all means please refer to the next website.

 

侍の言葉 (Samurai language)

 

 

 

 

 

 

 

京都舞妓言葉集

(Compilation of Kyoto Fleshpot language)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんの国でも、限られた時代や職業によって使われている言葉がありますか。

とても興味がある話題なので、ぜひいろいろ教えてください。

 

Are there words that are used depending on the occupation and confined to an era even in your own country? Please tell me many of them because it’s a topic that I’m very interested in.

 

 

 

今日の記事はいかがでしたか。面白かった!と思ったらぜひ、ランキングサイトのボタンをクリックしてくださいね!

 Facebookの「絵里子塾」のページにもいろいろ役立つ情報がありますので、チェックしてくださいね。

 

 

How was today’s article? If you thought it was interesting, please click the website ranking button.

There is various useful information my Facebook page “Eriko Juku”. Check it out!

  

 

 

 

それでは、またオンラインレッスンでお会いしましょう!

レッスン予約はこちらから!

 

Alright then, let’s meet for an online lesson again!

For lesson reservation click here!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

English translation

Rhys Vogel 

 

 

Tags:

Please reload

 Latest article

December 22, 2018

October 31, 2018

Please reload

アーカイブ