目を使った慣用句 Idioms using eyes

February 1, 2018

みなさんはアイスクリームが好きですか。

わたしは深夜に食べるアイスクリームに目がないんですよ。

「目がない?!」って何だろう、って思いましたか。

これは日本語の慣用句で「とても好き」という意味なんです。

 

 

Do you like ice cream?

 

I “have no eyes (Me ga nai)” for eating ice cream late at night.

Did you think what ‘have no eyes’ means?

This is a Japanese idiom that means “like (something) very much”.

 

 

  

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「目」を使った慣用句はたくさんありますけれども、

慣用句の意味を知らないと「え?こわい!」と思うようなものをいくつか紹介したいと思います。

それでは、行きましょう!

 

There are many idioms that use “eyes” but I would like to talk about some that if you don’t know the meaning you think “Hey, that’s scary!”.

Well, let’s get started.

 

 

「目を盗む」

 

例文:「先生の目を盗んで、カンニングをするなんて信じられない!」

 

 

ME WO NUSUMU”(Literally: Steal the eyes) to do something stealthily.)

 

Example sentence:”Cheating behind the teacher’s back is unbelievable!”

 

 

 

「目を盗む」とは、「人に見つからないようにする」という意味なんです。

 

 

ME WO NUSUMU means “to do something that is not observed by someone”.

 

 

「目に入れても痛くない」

 

例文:「いつも厳しい祖父だが、孫を見ると目に入れても痛くない様子だ」

 

 

”ME NI IRETEMO ITAKUNAI” (Literally: It doesn’t hurt even putting it in my eye) to be the apple of one’s eye

 

Example sentence: The grandparents are normally stern but they love to see their dear grandchild.

 

 

 

「目に入れても痛くない」というのは、子供や孫などの幼い子をとてもかわいがる様子を表します。

 

“ME NI IRETEMO ITAKUNAI” means expressing the situation in which grandfather and grandmother treat their children and grandchildren with love and affection.

 

 

 

普通は小さなものでも目に入ったら痛いですよね。

子供のように大きなものを目に入れるなんて不可能なばかりか、もし入れようとしたとしても痛すぎますよね。

その例えからこの慣用句は「可愛すぎて仕方がない」という意味で使います。

 

 

Usually, if you put even something small in your eye it hurts. Putting something as big as a child in your eye is just impossible. If you did that it would hurt too much. From that example this idiom is used to mean “She’s so cute there’s no helping it”.

 

 

 

「目を落とす」「目に入る」

 

 

例文:「足元に目を落とすと、子猫が捨てられているのが目に入った」

 

Example sentence: I looked down at my feet and caught sight of an abandoned cat.

 

 

「目を落とす」

 

ME WO OTOSU”(Literally: drop the eyes) to look down at

 

 

 

 

「目に入る」

 

ME NI HAIRU”(Literally: enter the eyes) catch sight of

 

 

 

「目を落とす」は、「下にあるものを見る」という意味です。

「目に入る」というのは「見える」という意味です。

 

 

“ME WO OTOSU” means “look at something down below”.

“ME NI HAIRU” means “ able to see”.

 

 

みなさん、どうでしたか。

「目」だけでもたくさんの慣用句があります。

 

 

How was it, everyone?

There are many idioms just about eyes.

 

 

JLPTのN3レベルからは慣用句がたくさん出てきます。

慣用句を知らないと「ぎょっ!」とする表現がありますので、

是非覚えて使ってみてくださいね。

 

 

Many idioms are on the JLPT N3 level and on up.  If you don’t know these idioms then there is an expression “GYO!”(Shocked!) so please remember and use them.

 

 

慣用句を英語で紹介した面白いブログページを見つけましたので、よかったら見てみてください。

 

 

I found an interesting page of a blog that has expressions in English so please take a look if you would like.

 

 

<THE 20 FUNNIEST JAPANESE EXPRESSIONS (AND HOW TO USE THEM)>

 

 

「101 Common Japanese Idioms in Plain English (English Edition)」はKindleで購入できます。慣用句を勉強したい人は是非、読んでみてください。

 

 

You can purchase “101 Common Japanese Idioms in Plain English (English Edition)” for the Kindle. For the people who want to study idioms please read it.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が役に立ったと思ったら、是非下のランキングサイトのバナーをクリックしてくださいね。 日本語に関係したブログのランキングページに飛びます。

 

 

If you thought this article was useful by all means please click the website ranking banner. It will jump in rankings for blogs about Japanese language.

 

 

 

 

 

 

 

それでは、またレッスンで「お目にかかりましょう」。

 

 

Well, “OME NI KAKARIMASYOU” (Literally: let our eyes come into view)

Let’s meet again in a lesson.

 

 

レッスン予約はこちらから。

For lesson reservations click here.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

English translation

Rhys Vogel 

 

 

Please reload

 Latest article

December 22, 2018

October 31, 2018

Please reload

アーカイブ