top of page

JLPT N1 文法 た形+ためしがない

皆さんこんばんは、えりこです。

今日は、JLPT N1レベルの文法を紹介します。


<文法>

た形+ためしがない。


<意味>

今までにそういうことがない。

過去にそういうことがない。

~ということは、一度も見たり聞いたりしたことがない。


*驚きや不満を表現するときに使うことが多いです



<例文>

彼が私の仕事を手伝ってくれたためしがない。

 これは手伝ってくれない彼に対する不満を伝えていますね。


毎年宝くじを買っているけど、当たったためしがない。

 みなさんは宝くじに当たったことがありますか。

 わたしは、高額当選したことはないんですが、

 少しだけなら当たったことがありますよ。


友達はよく釣りに行くけれど、大きな魚が釣れたためしがない。

 大きな魚を釣ったということを、

 一度も見たり聞いたりしたことがないというのは、

 ちょっとかわいそうな話ですね。


みなさんは、一度もそういった経験がない!と、

言いたいことはありますか。


私は、運動が苦手でマラソンに挑戦したためしがないです。

車には乗るんですが、まだ怖くてオートバイに乗ったためしもないです。

もっともっと色々なことに挑戦していきたいんですけどね。


是非、この文法を早速アウトプットして、

覚えてくださいね。









 









関連記事

すべて表示

Yorumlar

5 üzerinden 0 yıldız
Henüz hiç puanlama yok

Puanlama ekleyin
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Tumblr Social Icon
 Latest article
アーカイブ
タグから検索
bottom of page