top of page

JLPT N1 Grammar 日本語能力試験 文法 ~にもまして

今日はJLPT N1レベルの文法「~にもまして」の意味と使い方を説明しますね。

「~にもまして」には、二つの形があります。


1. 名詞+にもまして

2. 疑問詞+にもまして


それぞれの意味と使い方を見ていきましょう。


まずは、一つ目の「名詞+にもまして」です。


<意味>

(通常・以前)もそうですが、それ以上に。


<接続> 

名詞+にもまして 


<例文>

今年のお祭りは昨年にもまして、参加者が増えている。

 =今年のお祭りは昨年よりももっと、参加者が増えている。

仕事のことにもまして、今は健康のことが心配だ。

 =仕事のことよりも、今は健康のことがもっと心配だ。

JLPTのことも心配だが、それにもまして就職試験のことが気になる。

 =JLPTのことも心配ですが、それ(JLPTのこと)よりももっと就職試験のことが気になる。





次に二つ目の「疑問詞+にもまして」の意味と使い方を見ていきましょう。

<意味> ~よりももっと。


<接続> 疑問詞+にもまして 

たとえば、「だれにもまして」「いつにもまして」「なににもまして」です。


<例文>

彼女はにもまして、頑張っている。

 =彼女は誰よりも、頑張っている。

彼はタキシードを着ると、いつにもましてハンサムだね。

 =彼はいつもハンサムだけどタキシードを着ると、いつもよりもっとハンサムだね。

私にとってこれはにもまして大切な思い出です。

 =私にとってこれは他の何よりも大切な思い出です。



どうでしたか。

二つの使い方を覚えて、是非会話でも使ってみてくださいね!

試験まであともう少し。

みなさん、一緒にがんばりましょう!




 




関連記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
  • LinkedIn Social Icon
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Tumblr Social Icon
 Latest article
アーカイブ
タグから検索
bottom of page