おはよう!こんにちは!こんばんは!G’morning! Good afternoon! Good evening!


「こんにちは!」

日本では挨拶はとても大事な習慣です。

「挨拶もできない」というのは、人として恥ずかしいことの例えとして使われたりします。

”KONNICHIHA!” (Good afternoon! / Hello!)

In Japan greeting someone is a very important custom.

“He or she can’t even say hello.” is used as an example of someone who is embarrassed.

ですので、日本では家族はもちろん近所の人や会社の同僚と会えば、挨拶をするのは自然です。私は33歳まで日本で育ってきたので、家族の間で挨拶するのは当たり前だと思っていましたし、学校で先生やクラスメイトに、会社では上司や同僚に会った時は挨拶をするのは礼儀だと思っていました。

That’s why if you meet a coworker, neighbor or , of course, family in Japan it is natural to greet them.

I was born and raised in Japan until I was 33 so I thought it was common to greet family members, classmates and teachers at school and when seeing bosses and coworkers at the office. I thought greeting was common courtesy.

でも、外国に住み、いろいろな国籍の人と一緒に仕事をするようになって、国によってはいろいろな習慣や挨拶の仕方があることを知りました。

However, living in foreign countries and working with people of various nationalities, I realized there are many customs and ways of greeting each other.

今日は、日本文化でとても大事な挨拶について、2つお話ししたいと思います。

ひとつは正しい書き方です。そして、もう一つはその由来についてです。

Today I would like to talk about very important greetings in Japanese culture. One is the proper way to write them and the second is their origins.

実はオンラインレッスンを始める前に私と学習者のみなさんがタイプするメッセージが、

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」の三つなんです。

Actually before the lesson the all the learners and I type a message. Three are “OHAYO GOZAIMASU” (Good morning), “KONNICHIWA” (Good afternoon) or “KOMBANWA”(Good evening).

日本文化では挨拶はとても大事です。

ですからできるだけ正しくタイプしましょう