「もぐもぐ」「ぱくぱく」食べるときのオノマトピア/ “Munch”, “Gobble” onomatopoeia when eating


こんにちは!絵里子です。 もぐもぐもぐもぐ…、あ!すみません。

今、私の大好きなベトナム料理を食べてました。

Hi! I’m Eriko.

Munch, munch...oops! Sorry. I was eating my favorite, Vietnamese food, just now.

さて、日本語にはたくさんのオノマトピアがありますよね。

そして特に大阪の人は日常会話の中でオノマトピアをたくさん使う傾向があるそうです。

Well, there are many onomatopoeia in Japanese.And especially people in Osaka tend to use onomatopoeia a lot in everyday conversation.

<Check around 1:06>

オノマトピアは微妙(びみょう)な感覚(かんかく)を表せるので、

感情表現が豊(ゆた)かだと言われている大阪の人には便利なのかもしれませんね。

Onomatopoeia can express subtle sensations,

perhaps it is useful for people in Osaka who are said to have rich emotional expressions.

もし、みなさんが日本の漫画のファンならば、

オノマトピアを既にたくさん見ているはずです。

でも、「本当にそんな音(感じ)がしているかなあ」と思うような、

日本語学習者にはわかりにくいオノマトピアがあると思います。 If you are a fan of Japanese manga, you should already have seen onomatopoeia a lot.

When a Japanese learner hears it, one thinks of onomatopoeia that “there is such a sound, isn’t there?”.

今日は、「もぐもぐ」のように、

食べる動作に関係するオノマトピアをいくつか紹介したいと思います。

まず、もぐもぐ「口のなかにものをいれて、くちを閉じてものを噛んでいる」音です。

Today, like "munch" I would like to introduce some onomatopoeia related to eating behavior.

First of all, munch is a sound "I put things in my mouth, I close my mouth and bite things&q