「験を担ぐ(げんをかつぐ)」

みなさん、こんばんは。

みなさんは迷信(めいしん)を信じますか。

迷信と言えば、人々に信じられているけれど、

科学的な根拠がないものですが、

今日はちょっと似ている言葉を紹介します。


「験を担ぐ(げんをかつぐ)」という表現を知っていますか。

これは、ある事に対して、以前に良い結果が出たので、

それを繰り返してすることでいい結果を得ようとすることです。

また、いいことや悪いことが起こるのを気にすることです。


例えば、赤い服を着て行ったときにコンテストで優勝したら、

次のコンテストのときにも赤い服を着て行って、

優勝することを願ったり期待することを、

験を担いで赤い服を着ていく」あるいは、

験担ぎで赤い服を着ていく」のように使います。





「験(げん)」は「げん担ぎ」や「ゲン担ぎ」のように、

ひらがなやカタカナで書かれることもあります。


日本でよく知られているゲン担ぎの一つは、

試合や試験の前にトンカツを食べるというものです。

理由は、とん「勝つ(かつ)」という音から、

試合に勝てる!と考えて、

縁起(えんぎ)を良くするためです。



みなさんは、験を担いでしていることはありますか。

もし、面白いゲン担ぎがあったらコメント欄に書いてみてくださいね。

それではまたオンラインレッスンでお会いしましょう。