日本人は毎日「元気ですか?」って聞かない Japanese people don’t ask “GENKI DESUKA?” every day


みなさん、「お元気ですか」

さて、この「お元気ですか」という挨拶。

日本語の教科書では英語の「How are you?」というふうに紹介されていますね。

直訳すると「元気ですか」となりますが、日本人がこの挨拶をするシチュエーションと意味は下記のようなものだと思います。

「元気」という言葉には、「活力・気力がある」「健康である」という2つの意味があります

“OGENKI DESUKA?”, everyone.

Well, this “How are you?” is a greeting.

Is it presented as “How are you?” in Japanese textbooks.

Directly translated it means “How are you?” but I think the meaning and situation greeted by Japanese people is as follows.

The word “GENKI” has two meanings “vitality” or “spirit” and “healthy”.

1.しばらく会っていない人に「どうしていましたか」

Not having met the person for a while “How have you been?”

2.健康状態に心配があった人に「健康状態はどうですか」

Worried about the person’s health “How is your health?”

3.手紙で相手の様子や状況を聞くときに「どうしていますか」

Ask about the persons situation and circumstances in a letter “How is it going?”

ですので、毎日顔を合わせている同僚やクラスメイトに「元気ですか」とは挨拶しません。

それでは、「何て挨拶すればいいの?」と疑問に思いますよね。

日本で生活していないとなかなか知ることができないと思いますが、日本の映画、ドラマ、漫画をたくさん見ている人ならなんとなくわかるかもしれません。