方言が学べる映画/Learning dialects from movies


みなさんは邦画(ほうが)が好きですか。

今日はわたしが今まで見た中で感動した映画の中で、

方言がでてくる映画を紹介したい思います。

Do you like Japanese movies? Today I would like to introduce thrilling movies with Japanese dialects that I have seen.

以前に日本の方言について方言(ほうげん)で話すとモテる? という記事を書きました。

方言は「親しみがわく」「個性がだせる」と好感を持つ人が多いですね。

みなさんは、日本の方言を聞いたことがありますか。

Previously I wrote an article about Japanese dialects called "Speak a dialect and be popular?".

There are many people who have a favorable impression of dialects.

The “personality comes out” and “there is more intimacy” with dialects.

Have you ever heard a Japanese dialect?

映画の中では、教科書やレッスンで使ったことがない言葉やアクセントが、

でてくるかもしれませんが、

日本語のスピードと発音に慣れてみてくださいね。

Words and accents that are not learned in textbooks and lessons appear in movies.

Please get used to the speaking speed and Japanese accent.

モヒカン故郷に帰る/The Mohican Comes Home

<広島弁/Hiroshima dialect>

東京でなんとなくバンド活動をしているモヒカン男が、

広島の実家に帰るところから物語が始まります。

この作品は「家族」の「不器用な一生懸命さ」が、

コメディタッチで描かれていて、最後には笑いと涙が込み上げてきますよ。

The front man for a death metal band reluctantly returns to his home on a remote island.

In this work “the family’s clumsy hard work” is depicted with humor, and in the end laughter and tears will come.

『君