「手」を使った慣用句 Idioms with hands

今日は、「手」を使った5つの慣用句を紹介します。

今日紹介するのは次の5つです。


・手を抜く

・手が回る

・手を染める

・手がない

・手がふさがる


それでは、ひとつずつ意味と使い方を見ていきましょう。


「手を抜く」

意味は、

1.するべきことを全部しない。

2.仕事などを真面目にしないでいいかげんにする。


<例文>

 今日は疲れているので、晩御飯は手抜き料理ですませよう。


 お客様が来るので今日は手抜きしないで、きれいに掃除する。



「手が回る」

意味は、

1.注意・世話などが行き届く

2.捜査逮捕の手配がなされる。

*1の意味で使われる場合は、

 ほとんど「手が回らない」という否定文で使われます

 ですから、「注意・世話などが行き届かない」という意味で使われることが多いです。



<例文>

忙しいときには、全部の家事手が回らない

 

犯人が逃げた場所にはもう警察の手が回っている



「手を染(そ)める

意味は、

何かをはじめる、ということなんですが、

最近ではほとんどの場合「悪いことをはじめる」という意味で使われています。