JLPT N1 漢字「応」

October 31, 2018

みなさん、こんにちは。絵里子です。

今日もJLPT N1レベルの漢字の勉強をしていきましょう。

 

今日の漢字は「応」です。

それではまず読み方をみていきましょう。

 

音読み「オウ」訓読み「こた-える」です。

 

それでは意味を見ていきましょう。

 

<意味>

 

①返事をする。反応する

 

従う。状況に合わせて動く。

 

ふさわしい

 

 

ところで、訓読みの「こたえる」にはもう一つ漢字がありますよね。

そうです「答える」です。

今日はこの「応える」と「答える」二つの違いも勉強しましょう。

 

 

まず今日の漢字を使った「応える」の意味と例文を見てみましょう。

 

1.要望期待にふさわしく返す。

 

例文)親の期待に応えて、医者になった。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.外からの刺激を体に強く感じる。

 

例文)試合中のが応えて、走れなくなった。

 

 

3.反響する

 

例文)山びこが応えるのを楽しんでいる。

 

 

4.深く心に感じる。

 

例文)失恋したことは本当に応えた。

 

 

 

 

そして「答える」の意味を見てみましょう。

 

1.返事をする。

 

例文)名前を呼ばれたので手を挙げて返事をした。

 

 

 

2.問題を解いて結論を出す。

 

例文)テストの問題に答える。

 

 

いいでしょうか。

それでは簡単にまとめてみましょう。

 

 

<答える>

質問問題に対して、返すこと。

 

<応える>

注文要望に対して、返すこと。

 

 

 

 

それでは、クイズで今日の漢字を確認していきましょう!

漢字を読んでください。

 *答えはこのページの一番下にありますよ。

 

 

1.アルバイトを募集していたので応募した。

 

2.友達の柔道の試合を応援しにいった。

 

3.お客様の要望に応えて新しいサービスを開始した。

 

4.救急車が来るまで事故に遭った友人の応急措置をした。

 

5.冬の寒さが骨身に応える。

 

 

 

 

 

どうでしたか。

動画でも説明していますので、そちらも見てくださいね。

動画が役に立ったと思ったらチャンネル登録してくださいね。

それでは、またオンラインレッスンでお会いしましょう。

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<クイズの答え>

 

1.アルバイトを募集(ぼしゅう)していたので

  応募(おうぼ)した。

 

2.友達(ともだち)の柔道(じゅうどう)の試合(しあい)を

  応援(おうえん)しにいった。

 

3.お客様(きゃくさま)の要望(ようぼう)に応(こた)えて、

  新(あたら)しいサービスを開始(かいし)した。

 

4.救急車(きゅうきゅうしゃ)が来(く)るまで

  事故(じこ)に遭(あ)った友人(ゆうじん)の

  応急措置(おうきゅうそち)をした。

 

5.冬(ふゆ)の寒(さむ)さが骨身(ほね)に応(こた)える。

 

 

 

 

 

 

Please reload

 Latest article

December 22, 2018

October 31, 2018

Please reload

アーカイブ