方言が学べる映画/Learning dialects from movies

Updated: Jan 14


みなさんは邦画(ほうが)が好きですか。

今日はわたしが今まで見た中で感動した映画の中で、

方言がでてくる映画を紹介したい思います。

Do you like Japanese movies? Today I would like to introduce thrilling movies with Japanese dialects that I have seen.

以前に日本の方言について方言(ほうげん)で話すとモテる? という記事を書きました。

方言は「親しみがわく」「個性がだせる」と好感を持つ人が多いですね。

みなさんは、日本の方言を聞いたことがありますか。

Previously I wrote an article about Japanese dialects called "Speak a dialect and be popular?".

There are many people who have a favorable impression of dialects.

The “personality comes out” and “there is more intimacy” with dialects.

Have you ever heard a Japanese dialect?

映画の中では、教科書やレッスンで使ったことがない言葉やアクセントが、

でてくるかもしれませんが、

日本語のスピードと発音に慣れてみてくださいね。

Words and accents that are not learned in textbooks and lessons appear in movies.

Please get used to the speaking speed and Japanese accent.

モヒカン故郷に帰る/The Mohican Comes Home

<広島弁/Hiroshima dialect>

東京でなんとなくバンド活動をしているモヒカン男が、

広島の実家に帰るところから物語が始まります。

この作品は「家族」の「不器用な一生懸命さ」が、

コメディタッチで描かれていて、最後には笑いと涙が込み上げてきますよ。

The front man for a death metal band reluctantly returns to his home on a remote island.

In this work “the family’s clumsy hard work” is depicted with humor, and in the end laughter and tears will come.

『君の名は。/ Your name. 』

<岐阜弁/Gifu dialect>

色々な人から「とてもよかった!」と聞いて、

見てみたアニメ映画です。

時を超えて起こるロマンチックなドラマです。

日本の田舎の美しい風景も、女の子が話すかわいい方言も楽しめます。

I’ve heard “It was really good!” from many people who saw this anime.

It is a timeless romantic drama.

We enjoy a girl speaking a cute dialect and the beautiful landscape of the Japanese countryside .

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン/

Tokyo Tower: Mom and Me and Sometimes Dad』 

<北九州弁 /North Kyushu dialect>

みなさんはお母さんとよくお話ししたり、会ったりしていますか。 これはわたしの大好きなイラストレーター、リリー・フランキー氏とそのお母さんとの物語です。 「お母さん」がいかに偉大で温かい人かを改めて思い出せる素敵で切ないお話です。 小説でも大ベストセラーになった作品ですので、もしよかったらそちらも読んでみてください。

みなさんこの小説を電車に乗っているときに読んではいけないと言っていました。

感動して涙が止まらなくなってしまうからだそうです。

Do you often meet and talk with your mom?

This is the tale of my favorite illustrator Lily Franky and his mother.

It is a wonderful and incredible story that you can remember how "mothers" are great and warm people. It is a work that became a great best-selling novel, so please read it if you like.

Everyone said that you should not read this novel when you are on the train.

Because you will be so moved that the tears won’t stop.

横道世之介 /A Story of Yonosuke

<長崎弁/Nagasaki dialect>

こちらも小説が映画化されたものです。 長崎から東京にでてきた、お人好しの大学生の男の子が主人公です。

(主人公役の高良 健吾(こうらけんご)さんは、熊本県の出身だそうです。)

彼は東京では方言は使っていないのですが、

家族と話すときには長崎弁になっています。 最近は、相手や場所によって方言を使いこなす人もたくさんいますね。

This is also a novel that was made into a movie. A good-natured college boy who came from Nagasaki to Tokyo plays the lead role. (The protagonist Koura Kengo is apparently from Kumamoto Prefecture.)

He does not speak with a dialect in Tokyo, but when speaking with his family he uses Nagasaki dialect.

Recently, there are a lot of people who use dialects depending on who they are talking to and where they are.

きいろいゾウ/Kiiroi Elephant』 

<関西弁/Kansai dialect>

関西弁を話すユニークなカップルが田舎で素朴な暮らしをしているお話です。

実は、このカップルは会った日に結婚を決めたんです。

おだやかで静かな生活を続けている二人ですが、

あることがきっかけでドラマが始まります。

キャッチコピーは「痛みを知る、すべての人へおくる感動のラブストーリー」です。

A unique couple speaking the Kansai dialect living a rustic life in the countryside. 

Actually, this couple decided to get married on the day they met.

Two people who continue to live the quiet life, but this setting is certainly an opportunity for drama to start. The movie’s catchphrase is "knowing the pain of it, a moving love story for everyone"

いかがでしたか。

私は地元が関西なので、相手と場所によっては関西弁で話すこともあります。 もし、興味があったらレッスンでリクエストしてください。 関西弁をもっと勉強してみたいという人には、この本をお薦めします。

How was it?

I am speaking in the Kansai dialect depending on the person and location, because I’m from Kansai.

If you are interested, please request a lesson in the Kansai dialect. I recommend this book to those who want to study more about the Kansai dialect.

『「なんでやねん」を英語で言えますか? 知らんとヤバいめっちゃ使う50のフレーズ+α Let's speak in Kansai dialect』

それでは、今回紹介した映画が面白そう!だと思ったら、

下のバナーをクリックしてくださいね。

では、またレッスンかブログでお会いしましょう!

ブログで書ききれなかった情報はFacebookで紹介していますので、

是非、Lesson for JLPT N1 by Eriko Jukuもフォローしてくださいね。

If you thought “Well, the movies introduced this time seem interesting!” please click on the banner below.

Let’s meet again for lesson or my blog!

Information that I could not write on this blog is introduced on Facebook,

Please also follow "絵里子塾 ~ Eriko Juku ~", too.

English translation

Rhys Vogel

#link #dialect #movie